食品を購入すると、栄養成分の表示に
「ナトリウム」と記載されていることがありますね。

「食塩相当量」と書いてあれば、いつも使っている食塩だからわかりやすいのですが
「ナトリウム」という成分名だとイメージしづらいですね。

「ナトリウムって食塩とは何が違うの?」
「食品のパッケージに塩分のグラム数が載っていたらいいのに…」
とお困りになったことはないでしょうか?

このページでは「ナトリウム」 から「食塩相当量」を計算します。
「食塩相当量」から 「ナトリウム量」の逆算もできます。

早速計算してみましょう。

ナトリウム量から食塩相当量を計算する

ナトリウムの量(mg)を塩分の量(g)に換算します。

次の欄にナトリウム量(mg)を数字で入力してください

食塩相当量からナトリウム量を計算する

食塩相当量(g)をナトリウムの量(mg)に換算します。

次の欄に食塩相当量(g)を数字で入力してください

食塩相当量の計算式

ナトリウムの量から食塩相当量に変換する計算式は次のとおりです。

食塩相当量(g) = ナトリウム量(mg)× 2.54 ÷ 1000

食塩相当量(塩分)からナトリウム量を逆算出する計算式は次のとおりです。

ナトリウム量(mg)= 食塩相当量(g) ÷ 2.54 × 1000

ナトリウムとは

ナトリウムとは人体に必要なミネラルの一種で、主に食塩(塩化ナトリウム)の形で摂取されます。

食塩以外ではグルタミン酸ナトリウムや、重炭酸ナトリウムなどで吸収されるナトリウムもあります。
ナトリウムは細胞内の浸透圧を一定に保つために重要な役割を果たしています。
また、酸・塩基平衡、筋肉の収縮、神経の情報伝達、栄養素の吸収・輸送などにも関わっています。
また、水分を保持しながら細胞外液量や循環血液の量を維持し、血圧を調節しています。

ナトリウム過剰摂取のリスク

ナトリウムは健康な人では通常の食事をしていれば欠乏することはありませんので、不足のリスクはほぼ無いといえます。
不足するとめまいやふらつき、脱水症状などが起こるといわれています。

対してナトリウムを摂りすぎるとむくみや口の渇きのほか、高血圧・胃がん・食道がんのリスクを高めるとされています。
血圧が高くなると、それに伴い動脈硬化、心筋梗塞や腎臓病などの病気を誘発する可能性があります。

ナトリウムの過剰摂取が高血圧に繋がるのは、人間の体に備わっている血液中のナトリウム濃度を一定に保とうとする機能のためです。

ナトリウム濃度が上がると、血液中に水分を引き込んで濃度を下げようとするため、血液が増えて血管壁に強く圧力がかかり血圧が高くなります。

現代の食塩摂取量は石器時代の1日1~2g以下から10g以上へと増えてしまいました。
減塩は高血圧の改善のためだけではなく、健康な人たちの病気予防のためにも大切なことです。

一日の食塩摂取量の基準値

食塩摂取量には以下のようなガイドラインが設定されています。

厚生労働省の「日本人の食事摂取基準(2015年版)」では、
成人男性で1日当たり10g未満、成人女性では8g未満が目標とされています。

日本高血圧学会の高血圧治療ガイドライン(JSH2014)では1日6g未満の目標を掲げています。

世界保健機関(WHO)はすべての成人の減塩目標を1日5g未満としています。


2015年の調査結果(厚生労働省 国民健康・栄養調査結果の概要)では、
日本人成人の一日の平均食塩摂取量は男性11.0g、女性9.2gとなっています。
徐々に平均摂取量は減少していますが、まだまだ減らしたほうがよいと言えるでしょう。

updated 2018/12/11