身長と体重からBMIを計算する

ホディ・マス・インデックス法(BMI)は身長と体重から算出する肥満度の目安です。
まずはチェックしてみましょう。

次の欄に身長と体重を数字で入力してください

身長とBMIから体重を計算する

身長とBMIから体重を逆算出します。
上で計算したBMIは四捨五入しているので、ここの計算結果と若干ズレがあります。
予めご了承ください。

次の欄に身長とBMIを数字で入力してください

BMIと体重から身長を計算する

BMIと体重から身長を逆算出します。
上で計算したBMIは四捨五入しているので、ここの計算結果と若干ズレがあります。
予めご了承ください。

次の欄に体重とBMIを数字で入力してください

BMIの判定基準

次の表は日本肥満学会による肥満の 判定基準です。
減量目標は20歳代 前半の体重とされています。
約15万人の調査では、BMI22が一番病気にかかりにくいとされています。
BMI25以上は高血圧、糖尿病、高脂血症のリスクが2倍になり、
アジア人は比較的軽度の肥満で生活習慣病になりやすいとわかっており、
適正体重の維持することが大切です。

BMI 肥満判定
18.5未満 低体重(痩せ型)
18.5以上、25未満 普通体重
25以上、30未満 肥満(1度)
30以上、35未満 肥満(2度)
35以上、40未満 肥満(3度)
40以上 肥満(4度)

BMIの計算式

BMIの計算式は次のとおりです。

BMI= 体重(kg) ÷ 身長(m) ÷ 身長(m)

身長とBMIから体重を逆算出する計算式は次のとおりです。

体重(kg) = 身長(m) × 身長(m) × BMI

体重とBMIから身長を逆算出する計算式は次のとおりです。

身長(m) = √(体重(kg) ÷ BMI)

標準体重の計算式

標準体重の計算式は次のとおりです。
一番病気にかかりにくいとされているBMI22の値となります。

体重 = 身長(m) × 身長(m) × 22

updated 2018/12/11